1. >
  2. カラフル×デザインが豊富でランドセル選びに悩みそう?!

カラフル×デザインが豊富でランドセル選びに悩みそう?!

先日ランドセル売り場の前を通り掛かりました。現在小4子供がランドセルを購入した時と比べて色数も増えていますし、ラインやステッチや金具や表面の皮の加工の仕方などいろいろ素敵なデザインが増えていましたね。組み合わせが多すぎて選ぶのに悩んでしまいそうで今の子は大変だなあ…と思いました。

もし、入学前「これだ!」と思って買っても大きくなるにつれてこの色じゃなかった…と悔やむことがあるかもしれませんが、その時は市販や手作りのランドセルカバーをつけてデザインを変えることも出来るので、あまり気負わず、お子さんと一緒に楽しく選べるといいですね。

可愛らしいランドセル選び

私の6歳の娘が1人います。娘が、可愛いランドセルが欲しいとのことで、ランドセルが売ってるところに行きました。可愛らしいランドセル選びは今どきだと、模様がある可愛らしいランドセルがあるとは思いませんでした。とても、可愛いのがあると娘が喜んで、ハート型の模様のランドセルを選んで、今となっては大切に使ってくださって嬉しいものです。そして、持ち運びのいいランドセルなので、肩が軽くなるのはいいことだと思いました。

最近のランドセルについて考えること

私がランドセルについて思うことは、ランドセル一つとっても結構値段がするなということです。最近ではカラーバリエーションも多く、街で小学生とすれ違っても水色やピンク、緑など様々なカラーのランドセルを身に着けている子どもたちがいます。

昔は赤色か黒色と決まっているような風潮にありましたが、今では自分で好きな色を選択できるので、自分で選ばせるという練習にもなってよいと思います。自分が好きな色を自分で理解しているということも大切なことだと思います。

小学校高学年の児童は、ランドセルを背負いたくない??

私の住んでいる地域では、小学校高学年になるとランドセルを持たなくなるという風習があります。多分、お年頃の子供はランドセルを「ダサい」と思ってしまうようです。私は現在30歳ですが、私が小学生の頃からその風習はありました。自由な鞄を許している小学校にも問題があるのかも知れませんが、せっかく高い値段を出して親に買ってもらう物なので、お年頃になっても抵抗なく持てるようなデザインなら良いのに、と今更ながら思います。

とはいうものの、最近のランドセルは私が子供の頃に比べてずいぶんお洒落になりました。カラーもデザインも豊富ですよね。そのうち、私の住む地域でも、小学校を卒業するまでランドセルを背負うようになるかも知れません。