1. >
  2. 底抜けランドセル

底抜けランドセル

子供のランドセル購入して、何年か使用していたら底が抜けました。

良く見ると縫い方が雑で、きちんと縫い合わされて無い状態でした。

数年使ってしまってるランドセル、買い替えしないといけないかと、考えてましたが、決して安い物では無いので、駄目元で購入した所に連絡してみたところ、

壊れたランドセルを送って下さいとの事でした。

底がバックリ抜けたランドセルを持っていても仕方がないと思い、言われるまま送ってみると、無料で新品のランドセルと交換してくれました。

諦めないで、電話1本してみるものですね。

ランドセルはできるだけ本人の希望を!

自分が小学生の時使っていたランドセルを、子沢山の知人の末っ子の女の子に譲ってほしいと言われました。大人しい子供時代だったのでもともとあまり傷んでおらず、できる範囲できれいにして、知人の家まで届けに行きました。しかし喜んでいるのは知人だけで、娘さんは小さい声でかろうじてお礼を言ってくれたものの、やはり新しいものが欲しかったように感じました。譲る話を断ればよかったのかとしばらくモヤモヤした気持ちを抱えました。6年間使うのだから好きなものが良かったのだろうなと逆に申し訳なくなりました。

6年間の思い出が無残に消え去った

私が通っていた小学校は、高学年になるとランドセルじゃなくて普通のバッグでも通学可能でしたが、せっかく祖父母が買ってくれたものだし、小学校でしか使えない物だからと、卒業までの6年間、できるだけ傷がつかないように大切に使いました。

卒業後は、中に友達との交換日記などを隠し入れていて、大人になったらミニランドセルに加工してもらおうと考えていました。

しかし、大学で家を出て、久々に家に帰ると、部屋の中が大幅に変わっていて、ランドセルも無くなっていました。

もう使わないだろうとのことで、父が私の部屋を勝手に自分の部屋にする為に大掃除をし、ランドセルも中身を確認することなく捨ててしまったそうです。

勝手に部屋をいじられ、私物を断りも無く捨てられたことに怒りより涙が出ました。

先手必勝?ランドセル選びは自分らしくが正解です。

予約時期が早まっているという話は聞いていましたが、女の子の人気モデルに限った事と思っていました。

しかし、8月に息子のランドセルを見にある鞄屋へ行ってみる、1番いいなぁーと思ったデザインはすでに売り切れていました。そこで次に気に入ったデザインも既に要問い合わせといった状態でとても焦りました。けれど即決できず、その日に他店も2つほど覗いてから家族会議をしましたが、結局1件目のお店のものに決めて翌朝すぐ電話で予約し無事購入できました。その店は今年は新作ランドセル発売日には朝から並ぶ人がいたとかでニュースになっていました。

そもそも生産数に限りがあるので、上記のような争奪戦が起こるのですが、まんまと乗せられてしまった感があります。年々発売日が前倒しされる傾向が見られますがそんなに急がなくてもランドセルは買えますよ。逆にこだわりたい方はGW位から動き始めるといいと思います。